国内サッカーのあり方。 

日本のサッカーのあり方。
Jリーグは当然、日本のサッカーにはJFLや各地域リーグが存在する。
私も、Jリーグのガンバ大阪を何年も行き先裏で応援し、J1・J2・J3と各ユニットのアリーナにも、各組織の輔佐など見てきましたが、部下ユニットに行くほど、独特の人懐っこいイメージに包まれております。

ましてやJFL・地域リーグまでいくと、J1・J2ほどの華やかさは無いですが、班とマニア・味方がほど近い!!色んな意味で!!

人によっては、手早くJリーグ入りしたい、Jリーグでないと意味がない等思うかもしれませんが、地域リーグの組織が通年リーグ戦戦って、各地域の優勝した組織個々がJFL昇格をかけて戦う、地域決勝フェスティバルなんて、Jリーグにはない本番も見れるし、JFLなんて度合入場ヤツ人数が1000人様あるかないか・・・

って言うより、3000人様入ったら、大騒ぎ!!

基本的に1000人様でもスゲーなと思う次元。

だからこそ出来る輔佐、看板味方などJリーグには無い、と言うより縛りのしんどいJリーグでは出来ない事も自由に出来る。

鍵総統のおワードでもある「昨今そこにあるサッカーを愛せ」ってはたして川淵さんがやろうとしていた事だと思うから、JFLでテクノロジー尽けて、班テクノロジーつけて、満を持してJリーグに殴り込みするなら、Jリーグだって喜ばしいやん!!

感覚的に、J3の独特班はJFLの班とそんな変わらない、ある意味お友だちさん。そこからJ2に上がってどこまで出来るか、J2で評判を巻き起こせれば、それはある内容有難いよね。

ですから、ツエーゲン金沢・町田ゼルビア・レノファ山口がJ2で合格を収めてると、何故か応援してまいますね・・・・笑

まぁこういう鍵総統のアクティビティや私たちJFL・地域リーグのマニアで、こじんまり楽しむのも良いですが、さっとそこに目を向けて見てはどうですか?面白いですよ!!笑アゴニキビには、種類があります