夜中の胃痛は問題が倍増

僕はよく体躯が丈夫なサイドではありません。一際お腹がすぐに痛くなってしまいます。そのためずっと拠り所の要因も込めてお腹の薬を持ち歩いています。これがあればいつ痛くなっても安全という真実味があるだけで気持ち的に思い切り緩和されるからです。
体積は昔から小食で、あまりごちそうをしないのですが、めっちゃ食べて、食べすぎてお腹がきついと言うのはわかりますが、どしどし食べなくても痛くなることがあります。
現在分かったのは、にんにくを食べると、かなりの確率で夜中に体躯をくの字に曲げていたい間近痛くなります。何時間も断続系統に痛くて、眠ることができず、初めて明け方になって眠れて、起床して痛かったら、病舎へ行こう、本業を休もう、と思って起床してみると皆目痛くなくて、今度は寝不足と戦う状況になったことが何度となくあります。
先日、夜に胃が重たいなぁと思いましたが、暴食は無論、にんにくなども食べていないから大丈夫だと言い聞かせて寝ようとしましたが、疼痛は増すばかり。夜中に1者原因不明の胃痛と戦うのは不安で一段と疼痛が加速するような気がします。ミュゼの全身脱毛プランが新しくなりました